読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読まざるをえない

やる気のないOLです。通勤中は本を読みます。

六つの希望 吉祥寺探偵物語 / 五十嵐貴久

安政五年の大脱走」「リカ」「年下の男の子」など読んできたけど、五十嵐さんの作品の幅はすごい。そういえば「パパとムスメの7日間」もそうだ。

 

これは吉祥寺探偵物語の3作目?にあたるらしい。

そうとはよく知らず、古本屋で買ってしまいました。

私立探偵を営む傍ら、コンビニでバイトをしている主人公。この作品ではそのコンビニが、6人の老人によってジャックされます。人質を楯に出される5つの要求。

犯人たちは何者なのか?その目的とは?そして主人公はどんな立ち回りを見せてくれるのか?!

といった展開を予想すると思うんだけど、そこまででもない(笑)

割りとゆったり話は進むし、主人公は探偵然とした立ち回りはない。ただのコンビニ店員といった感じ。

でも、読んで後悔ということもなかった。おちついて一貫して面白い。読んだ人たちの感想だと、シリーズの他の編の方が面白そうなので、続いて読もうかな。

★★★☆☆