読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読まざるをえない

やる気のないOLです。通勤中は本を読みます。

暗いところで待ち合わせ / 乙一

中田永一著として書かれた本を読んだのが、この夏が初めて。

乙一名義の本は今回が初です。

何でだろう…多分、ちょっと怖いイメージがあったからだ。ホラーのイメージ。でも、とりあえず「暗いところで待ち合わせ」はそんなことはなくて、少し不思議な関係の二人の話。

 

ミチルは視力を失い、父親が亡くなってからは一人で家に暮らしていた。

ヒロアキは会社員だったが、ある日、上司を駅のホームから突き落とし殺した犯人として追われる。

駅から逃げ出したヒロアキは、ミチルが一人で住む家にこっそり入り込み、不思議な生活が始まる。気づかれないようにふるまうヒロアキ、気づかないミチル。気づかれたのかもしれないと思いだすヒロアキ、気づいたことを悟られたのかもと思いだすミチル。

二人の関係や殺人事件の結末が、ラストに向かってだんだんと動いていきます。

 

ミチルは目が見えなくなったわけで、その過程も少しえがかれているけれど、

その葛藤みたいなものはあまり描写されていなくて、淡々と過ぎる。

むしろ、感情がそこまで表面に出ていなかったものが、物語が進むにつれて出てくるのが良いなあと思った。ミチルの数少ない友達とのやり取りとか。

ヒロアキは周りの人と馴染めず、上司のことを憎んでいたけれど、

でも読み終わってみて、ちょっとイメージが変わった気がする。

静かだけど魅力的な一冊。

 

★★★☆☆